BLOG

【天気が悪いと頭痛が起こるのは天気痛かも!?】

天気が悪いと気分がすぐれなかったり、頭痛が起きそうなダルさが続いたり、症状が天気によって悪化したりするのが「天気痛」と言われています。

症状は頭痛、めまい、眠気、肩こり、首の痛み、腰痛、気分の落ち込み、うつ、不安症、神経痛の悪化など様々です。

なぜ天気痛が起こるのか。
これまでの研究で、特に気圧の変化が天気痛に関係していることが分かってきました。
この気圧を感知するのが、体の平衡感覚をつかさどる内耳です。
内耳のセンサーが気圧の変化に対し過剰反応し、その情報が脳に伝わって自律神経のバランスが乱れ、様々な不調を引き起こしてしまうと言われています。

天気による不調チェックリスト

◻︎乗り物酔いしやすい
◻︎雨の降り始めがわかる
◻︎耳抜きが苦手
◻︎飛行機や新幹線など乗ると耳が痛くなる
◻︎気分の浮き沈みが天気によって左右される
◻︎雨が降る前に頭が痛くなる
◻︎雨が降る前に眠気やめまいがする
◻︎季節の変わり目に体調を崩しやすい
◻︎肩がこりやすい
◻︎首を痛めたことがある

6個以上当てはまる人は天気によって不調になっている可能性が高いと言われています。
特に天気痛は40代以降の女性に多いと言われています。
気圧の変化は天気が崩れる前から感じ取れるので、晴れていても天気痛の症状が出ている方も多いそうです。

天気痛を和らげるには!!
耳周りの血行が悪くなると内耳がむくみ、気圧の変化に過剰に反応してしまうと言われています。
そのため内耳の血行をよくすることは天気痛に効果的です。
耳にホットタオルや温かいペットボトルを当てたり、耳の後ろにあるツボ「完骨(かんこつ)」のあたりを温めたりするとよいでしょう。
完骨は耳の後ろの骨の突起の下から指1本分のところにあるツボです。

耳をくるくる回したり、揉んだりして、マッサージしてあげることも効果的です。

サロンでも耳の後ろまでインディバで温めるとお客様から「気持ちいい〜!」と言っていただけます。

日頃から耳のマッサージや耳を温めてあげると、天気痛の予防にもなるのでやってみてください。
これから梅雨も始まります。今から予防をして憂鬱な季節を乗り切りましょう!!

Soin de Mei (ソワン・ド・メイ) | 新宿区四谷三丁目のインディバエステサロン

〒160-0006 新宿区舟町4ー1メゾン・ド四谷301

TEL:03-6380-5209 HP:https://soin-de-me.noor.jp Facebook:https://www.facebook.com/soindemei301/

アーカイブ

カテゴリー

TOP TEL